Mori no Miyaichi is a cultural event since 2001

新着情報 News

2021年11月18日、ある出来事をきっかけとして急に車輪が回り始め、2022年5月に「杜の宮市」(もりのみやいち)の開催を目指すこととなりました。ただその直後、新型コロナウィルスのオミクロン株が問題となり、開催には不安もありますし、活動開始が遅れて準備にも不安はありますが、スタッフ全員一丸となって鋭意活動してまいります。

2020年5月の「第20回 杜の宮市」は中止(延期) でした

2001(平成3)年に始まった杜の宮市はこの数年、一日に4万人規模の来場者を迎えるクラフトフェアとなっていました。2020(令和2)年5月5日には、駅前銀座通を歩行者天国にして記念すべき第20回を開催する予定でした。しかし新型コロナウィルス感染症の拡大状況を見て、2月26日に中止(延期)を決定、発表しました。

出展予定の皆様から既にお預かりしていた出展料200万円ほどを全額お返しすることにしたのですが、多くの方々から合計60万円以上の寄付を頂戴することとなりました。その寄付を基として、歩行者天国とするはずだった駅前銀座通に、アマビエフラッグを120枚飾りました。「コロナを越えて つながる未来を」というメッセージを添えて、このAMABIE様は5月から1年以上、一宮のまちを見守りました。


「コロナを越えてつながる未来を」アマビエフラッグ

「まちの宮市」の組み立て

ウイズコロナの中でどう、カルチャーとコミュニティを地域で守っていくかを、2020年4月5日から検討し始めました。新型コロナウィルス感染症がどのようなものかも定かでは無い中、一方では今まで通りのように行われるイベントがあり、他方では一切の活動が停止せられているような状況でした。ゼロでもヒャクでもない、ブレーキかアクセルかどちらかだけではない、1から99のどこか、ブレーキとアクセルワークの組み合わせのどれかに、何らかの道筋はないか。ウィズコロナのまつりづくりを模索し続けました。

そうした中、”ゼロ密を目指すクラフトフェア”として組み立てていったのが「まちの宮市」です。野外での開催、広い会場に広くディスタンスをとったブース配置、路上でも来場者の登録とパスシールによる人数把握という形で3密を避けつつ、ゆるやかな開催を目指すクラフトフェアです。2020(令和2)年11月13日から開始し、緊急事態宣言中の3回は中止としたものの、ほぼ1年で9回の開催をしました。

来街者や通行する方を含めても来場者が3,800人には至らぬ、ほどほどのゆるやかな人出でありながら、出展ブースでは豊かな会話と確かな販売も多発するようになり、安全安心な賑わいの創出に少しずつ近づいてきました。「道具」「本」「夏休み」などの小さなテーマを各回設けて、楽しさや個性の演出もしています。

開催日は、ほぼ毎月ある「38サンデー」(3か8が末尾につく日曜日)。一宮のまちの興りである「三八市」が日曜に重なった日です。


2021.11.28 まちの宮市#12

「381 artist (ミヤイチ・アーチスト)」って?

この「まちの宮市」に出展し、支えてくださったのが「381 artist 2021」…2021年度ミヤイチ・アーチストの皆さんです。

杜の宮市では毎年12月くらいに出展者の募集をし、審査を経て380組ほどの方に、5月の杜の宮市へ出展していただいてきました。この選出の仕組みを、年度ごと一年分としたのが 「381 artist」です。 「381 artist 2021」に選出された方は、2021年4月から2022年3月の間の「まちの宮市」などに出展していただきました。

部門ごとで倍率は違いますが、何倍ものご希望の中から外部審査員が選出するのが 「381 artist」 です。


2021.10.3 まちの宮市11 381 artist

re: 第20回 杜の宮市…まちの宮市、381 artist 2022

オミクロン株など、予断を許さない状況です。しかし来年の平和な展開を想い、2022(令和4)年度へ向けて、杜の宮市準備委員会は活動を開始します。(少し遅れておりますが。)第20回 杜の宮市を開催する準備をしてまいります。

「まちの宮市」の運営を支えてください

プロデューサー・ディレクター・オペレーター・マネージャー・スタッフとして「まちの宮市」を支えてください。ほぼボランタリーな作業にはなりますが、時に濃密に時に軽やかに、まちへソーシャルにコミットしていきます。
「まちの宮市」はボランタリーな担い手がいないエリアや事業は、開催できません。どなたもできるスタッフ業務が中心です。ぜひご参加ください。

まちづくりの担い手「まちズン」になろう

「まちの宮市」のような市民イベントを、毎週末に開催できるようなプラットフォーム(基盤)づくりをしていきましょう。「まちの宮市」も「基盤づくり」も、これから始まっていく活動です。老若男女の多様なスタッフが知恵と経験と夢と想いを織り成していく作業が必要です。
「まちズン138」は、「まちのみヤン」「いちのみヤン」とも言うべきでしょうか。リアルにもヴァーチャルにも議論と実験と実践を重ねて、「まちの宮市」を創りながら、地域の「基盤づくり」に挑んでいきましょう。

ボランティア募集&まちズンの詳細はコチラボランティア募集&まちズンの詳細はコチラ

杜の宮市を資金面からも支援してください。

杜の宮市では、会場の運営や設備、広報などに必要な資金を、出展料のほか皆様からの協賛広告などで賄っています。ボランティア運営など経費を最小にしておりますが、それでも経費がかかります。
杜の宮市を共に盛り上げるサポートを、資金面からもよろしくお願いします。

杜の宮市HPにバナー広告をご出稿ください。

お店や会社、イベントの宣伝はもちろん、個人でもOK。杜の宮市や街へのアツい想いを伝えてください。
年間ページビュー数118,903(2019年)の「杜の宮市」ホームページにリンク広告を設置いたします。

まちの宮市をずっと続けていくために…
ご寄付をお願いいたします。

まちの宮市をずっと続けていくために、ご寄付のお願いをしております。

ボランティア募集&広告・協賛(寄付)募集の詳細はこちらボランティア募集&広告・協賛(寄付)募集の詳細はこちら

お知らせブログ Blog

もっと見るもっと見る

杜の宮市&まちの宮市の
最新情報はSNSでも発信しています!

シェアもしてね!