メニュー

プリンス アレイ」って?

 プリンスアレイは、愛知県一宮市の中心商店街「本町商店街」の中ほどにある空間です。かつて老舗の「タカマ帽子店」があり、その閉店後は空地となっています。ここはかつて「プリンス食堂」があったあたりです。「プリンス食堂」は、地域の味噌カツ元祖で結婚式場もあった白亜のレストラン。この地の代表的なスポットでした。
 現在は地権者の方より、地元の一宮市本町通3丁目商店街振興組合が借り受け、多様な主体者が関わって、その有効活用実験をしています。
 かつての「プリンス食堂」に敬意を表し、その路地として「プリンスアレイ」と仮に名付けています。両側の建物に挟まれて峡谷(ヴァレイ)のようでもあります。

現在のプリンスアレイ

ココを!市民交流拠点へ

 一宮市の中心商店街には、公的施設がいくつもありますが、自由で活用しやすい市民交流拠点となるようなものはありません。中心市街地には、そうした誰もが使えるオープンな「場」がいくつもあってこそ多様な継続的循環が生まれていきます。そこへ集まる人々は同時に商店街の顧客でもあり、リピーターとなりうる消費者でもあります。
 今、この場所自身が自律的に運営され、多彩な広域市民の多様な交流事業を実施する拠点として形成整備していくことは、中心市街地のみならず、この地域全体にも貢献するでしょう。

2020年12月13日 GoTo商店街による、交流拠点づくりワークショップ

「プリンス アレイ」の過去・現在・未来

過去

 「プリンスアレイ」の場所は「本町サンプラザⅡ」と呼ばれていました。10年以上前から「本町サンプラザ」という施設があります。一宮市本町3丁目商店街振興組合が運営する、かつて「アダチ」という名門衣類店だった昭和な店舗です。対する「Ⅱ」は空地となっており、「おいちまつり」や「杜の宮市」では飲食店やマッサージ、ネイルケアの店などが年に数回出店してきました。

2017年5月7日 第17回杜の宮市にて、癒し空間「杜の小径」として活用

現在

 2020年12月からは、まちづくりNPO法人志民連いちのみやが「GoTo商店街」事業として、この場所の整備のための検討会議(ワークショップ)を2度開催しました(あと2回は緊急事態宣言により中止)。また「まちの宮市」の開催に合わせて実際にここに出店してもらって、路面や屋根、電気などにつき検討をしてきました。この議論を受けて、2021年度は杜の宮市準備委員会が事業を担当します。

ワークショップでのプラン案

未来

 現在は単管テントが奥の方に仮設されています。これを以下のようにしていけないでしょうか。

(案)壁面でパネル展示、木質フレーム、キッチンカーやフード・ドリンクブースが出店

出店者募集

 プリンスアレイに出店する方を募集します。

プリンスアレイのスケジュールと料金

出店や企画、お尋ねなどお気軽に

出店にご関心のある方、イベントなど企画したい方、その他お尋ねなどはお気がらうに下記リンクからどうぞ。

プリンスアレイのフォーム

プリンスアレイ お尋ねなどフォーム

スタッフを!

この「プリンスアレィ」事業のスタッフを募集しています。
ボランティアのスタッフがメインですが、同時に有償のまちづくりスタッフも募集しています。
下記からまずはご登録ください。細かい調整はまた後で。「プリンスアレイに興味がある」と書いてください。
⇒ まちズン登録フォーム

ボランティア・スタッフ

 「プリンスアレィ」に出店者がある日などの準備、清掃、整備、片付け、出店者の受付やお世話などの簡単な作業をお願いします。
 11時から20時くらいの間で4時間程度ですが、その4時間も途中はあまりやることがありませんので、カフェで読書したり、まち歩きをしたり、まちの宮市や七夕などのイベントを楽しんでください。交通費などを含めて、一日1,000円の実費を支給します。
 「まちズン」に登録していただき、メール等で連絡をして調整します。

有償スタッフ

 まちづくりディレクターになりませんか。ダブルジョブ、パラレルジョブでも。杜の宮市、まちの宮市、七夕まつり葵にぎわい広場、三八屋、一宮ブルワリーなどをプロデュースし、一宮市市民活動支援センターの団体支援事業を企画してきた星野博たちとともに、まつりづくりでまちづくりのスキルを学んでください。

「まちズン」に登録していただき、メール等で連絡をして調整します。スタッフ希望の旨をお伝えください。

まずは「まちズン」に登録を

*2021年度は、杜の宮市準備委員会が事業を担当することとなりました。商店街団体、志民連いちのみやなどと協働して実施してまいります。